短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

進路指導

「明明徳」を実現する進路指導

将来「行動する哲人」として社会で活躍する人材を育成すべく、「自ら調べ、選択し、行動する」ことを柱としながらも、生徒一人ひとりの進路実現に向けた的確なアドバイスを行っています。

  • 目標に向けたキャリア教育

    「なぜ学ぶのか…」それなしに意欲の高い学習はあり得ません。一人ひとりに“将来の夢”を見つけさせ、そのために必要な学部・学科をめざす。千葉明徳のキャリア教育は、こうした逆引きの発想なので、“遠い目標”と“目の前の学び”が直結。大学名のブランドではなく、“自分の人生”を賭けているから本気になれるのです。

  • 全国模試の事前・事後指導

    全校生徒が年に3回全国模試を受験します。もちろん、ただ受け、判定で一喜一憂するのではなく、事前の準備も受験後のフォローアップも万全。“夢”へ着実に近づいていく…その実感が更なるヤル気を引き出します。

  • 大学を体験「夢ナビライブ」

    1・2年生は毎年7月に開催される「夢ナビライブ」に参加し、約250大学の大学教授による生の講義を体験します。「学びたい学問」と「進みたい大学に出会える」進学ガイダンスです。目標とする大学では、どんな学びが待っているのか。個々の進路実現の一つとして考えています。

  • 各種講演

    生徒の“夢”は百人百様。少しでも“無限の選択肢”を知ってもらうため、さまざまな講演会をふんだんに実施。大学進路講演会、卒業生による社会人講話、保護者向け進路セミナー、進路結果報告会…。先輩たちが実際に歩んだ“夢”の広さと道筋に触れられます。

  • 各種ガイダンス

    “夢”を抱いたら、後は真っ直ぐ突き進む。しかし「本当にこの勉強で大丈夫だろうか」と迷っていたら時間がムダになり、勉強も辛くなる。本校では各種大学・看護医療系・公務員など、分野別でのガイダンスも多数実施。それぞれのタイミングで「今、何をすれば良いのか」が明確に分かり、安心して全力を出し切れます。

中高一貫の進路指導

6年一貫教育により実現した進路
(文理両道のリベラルアーツとグローバル教育)

開校から6年、2017年3月に1期生が卒業しました。本校の一貫教育が初めて実を結んだわけですが、その進路は幅広く、志は高いものでした。そんな1期生たちを導いたのは6年間で将来を広く深く考える「キャリア教育」と、そこで見つかった“夢”を現実に変える確かな「学習指導」。この経験・実績を踏まえ、本校はさらにプログラムを発展させ、一層の飛躍を遂げます。そして、そこで主役になるのはあなた自身。本校で“あなたの夢”を探し、叶えてみませんか。

キャリア教育

POINT 01本物の“職場”を知る3年の企業訪問

働くとは、どういうことなのか。実際の企業をグループで訪れ、見学したことをレポートにまとめます。エイベックスやキヤノン、サイボーズ等といったトップ企業に協力していただいています。

POINT 02私がやりたいことって?4年の自分を識る学習

自分自身を探り、見つめる学習です。テーマは「自分とは何か・なぜ学ぶのか・どう生きていくか」。課題研究論文で興味を追及した経験を活かして鋭く探り、友人たちと議論を深めます。

POINT 03“夢”を叶える大学を探せ4年の大学調べ

将来の目標を叶えるためにはどんな大学をめざせばいいのか。オープンキャンパスに参加し、プレゼンでレポートします。後輩の3年生にも発表を見てもらい、意識を高めます。

学習指導

POINT 01“夢”に備えて基礎堅め万全のカリキュラム

どんな“夢”を抱いても目標に届くよう、基礎基本堅めは万全。習熟度別の授業や補習、高度な特別講座、e-learning教材「すらら」等、1人ひとりの可能性を最大限伸ばします。

POINT 02基礎から応用への意識が変わる「2年勉強合宿」

2泊3日の密度の濃い勉強合宿を中学生段階から実施。限界まで勉強してみることで、応用段階へ入る心構えをつくり、「自分が1日でできる勉強量」も分かる。中だるみの防止にもなります。

POINT 03他コースと他流試合目標大学別の授業

6年生の特定教科や補習は、目標大学別の特別編成。千葉明徳高校の特進コースとも混ざった授業になるので、さながら校内塾のように刺激的です。

教員メッセージ
中高一貫だからこそ、早くから将来を考えられる
グローバル教育推進委員 谷澤 信司先生
高校受験がないので、将来について考え、大学受験に備える時間もたっぷり。中高一貫の利点を最大限に活かしたプログラムです

迫る大学入試改革にも安心、時代を先取りしていた学び

2020年度から大学入試が大きく変わろうとしています。そこでは従来の「知識型学習」ではなく、“主体的に取り組む意欲”や“知識・技能を活用する力”が重視され、総合的な「思考力・判断力・表現力」が問われます。また、英語においても従来の「聞く・読む」重視から転換し、「書く・話す」も加えた4技能すべてがバランス良く求められるのです。
 現在、さまざまな中学・高校が対策に追われておりますが、これらの能力は、まさに本校が開校当時より目指してきたもの。各教科授業にまで浸透した「まとめて・書いて・発表する」教育は「思考力・判断力・表現力」そのものですし、発話重視から始まる英語教育も実績十分。時代が千葉明徳の学びに追いついてきたのです。

教員メッセージ
“これからの時代に必要な力”をめざして開校
進路指導部 部長 三澤 雅弘先生
大学入試改革の狙いは、6年前に本校がめざした開校理念と同じ。だから、小手先の力とは違う本当の力を育てられるのです。

卒業生メッセージ

H.Kさん(2017年 中高一貫コース卒業)
東京外国語大学 言語文化学部言語文化学科ロシア語
言語が好きで東京外国語大学をめざしました。そのキッカケは中1の頃に黒人男性に道を聞かれたこと。最初はビビリながら「next corner」とか「go straight」と片言で話したんですが、何とか通じた感動で怖さも吹っ飛びました。そんな「通じる感動」を何度も感じさせてくれたのが千葉明徳の英語の授業。とにかくSpeakingとHearing重視なので、毎回すごく楽しかったです。
T.Mさん(2017年 中高一貫コース卒業)
千葉大学 工学部ナノサイエンス学科
小さいのに大きな事ができる……それが面白くてナノサイエンスを志しました。その魅力に気づいたのは、千葉明徳での理科の実験。ハチの巣を分解して観察したのですが、「こんな小さな虫が大きくて緻密な巣を作れる」という事に感動したんです。千葉明徳は、先生方がすごく熱心で、授業を面白くするために一生懸命。何か楽しい事、面白い事を見つけたいのなら、お薦めの学校ですよ。
R.Aさん(2017年 中高一貫コース卒業)
津田塾大学 総合政策学部総合政策学科
私は自分の可能性を広げたい。だから総合政策学部を選び、世界への切符になる英語をがんばりました。そんな英語が大好きになったのは千葉明徳の授業。スライドを見ながら話したり、洋楽に合わせて歌ったり。文化祭でも「We Are The World」を歌いました。クラスのみんなでパートを決め、いろんなシンガーになりきって……最高に楽しい想い出です。
R.Kさん(2017年 中高一貫コース卒業)
東京外国語大学 言語文化学部言語文化学科ドイツ語
当初、私は医師に憧れていたのですが、もっと言語専門の仕事もしたかった。そんな悩みを抱えていたとき、先生が教えてくれたのが「医療通訳」という仕事。医療の現場に携われ、外国語の専門職でもある。まさに「これだ!」と思いました。千葉明徳は小さな学校ですが、先生方の見識はすごく広い。普段の授業でもただ教科書をなぞるのではなく、世界の広さを感じさせてくれました。

高校の進路指導

現役・一般入試で勝つ学力

本校は全コースとも四年制大学への進学をめざしますが、それは推薦やAO入試ではありません。「一般入試での現役合格」にこだわり、将来の役に立つ確かな学力を磨き上げていきます。

そんな指導の力は、新コース制1期生の進路にも現れています。10年前と比較して国公立大学及び早慶上理・GMARCHへの合格者は倍増以上の躍進。日東駒専にも100名以上を送り出しています。あなたの“夢”も、千葉明徳で必ず叶えられます。

新コース制1期生で証明された 千葉明徳の“21世紀型進路指導”

  • 新コース制の進路指導

    3年前の新コース制の導入に合わせ、進路指導プログラムを拡充。従来通りの“一人ひとりに寄り添う指導”に加え、“夢”を同じくするクラス編成だからこそ可能になったプログラムが1期生の躍進に繋がったのです。

卒業生からのメッセージ

社会人になって気づいた心強い武器
文武両道でコツコツ努力した3年間
Y.Nさん(2011年 特別進学コース卒業)
株式会社千葉銀行勤務(東京理科大学経営学部卒)
生まれ育った地元に貢献したいと思い、千葉銀行を選びました。高校時代は勉強と水泳部の両立が大変でしたが、両立したからこそ時間の使い方が身につき、引退後は受験に集中できました。千葉明徳は勉強に集中できる環境がそろっていて、地道にコツコツ取り組めました。その習慣が今も役立ち、お客様に喜んでいただける仕事に繋がっています。
世界を舞台にした商社で活躍中
高校3年間のおかげで今の私がある
N.Mさん(2011年 総合進学コース=現・進学コース卒業)
三井物産プラントシステム株式会社勤務(明治大学文学部卒)
経営統括本部で国際的なプロジェクトに携わっています。今の夢は、発展途上国のインフラ整備に関わること。原動力になっている「たくさんの人の役に立ちたい」という想いは、高校時代の私を支えてくれた先生や両親がいたからこそ芽生えたものです。高校で培った経験は、卒業後の人生にもつながります。人生の財産となるような3年間を過ごしてください。
「サッカー選手」と「学校教師」
2つの夢に向け、全力で駆け抜けた
R.Hさん(2013年 スポーツ科学コース=現・アスリート進学コース卒業)
ヴァンラーレ八戸(拓殖大学政経学部卒)
高校時代は「サッカー選手になる」と「教員免許を取る」を目標に部活と勉学に励みました。親身な先生方のおかげで希望通りの進学を果たし、今もJリーグをめざして日々、全力で練習に取り組んでいます。千葉明徳は文武両道をめざす人にはピッタリの学校だったと実感しています。自分自身と向き合い、“夢の進路”に向かって全力で突き進んでください!