こどもに関わる仕事の魅力

保育士・幼稚園の先生の魅力

1. こどもの成長を直に感じられます

こどもには遠慮がありません。嬉しいこと悲しいこと様々な感情をそのまま伝えてくれます。ですから、皆さんが実践したこどもたちへの働きかけにも真っ直ぐな反応が返ってきます。

つつみ隠さず反応をしてくれるこども相手だからこそ、成長が感じられた時の喜びは
何物にも変えがたい魅力です。

喜ぶ相手の反応がしっかり分かる、このことは大きなポイントです。

2. スポーツ、音楽や美術など、あなたのスキ!が活かせます

こどもへの働きかけには無限の方法があります。今までの働きかけの方法にとらわれず、その子にあった支援の仕方は何なのか、自問していくことが重要です。その中で、音楽や美術など、芸術的な要素をもった支援が近年注目を集めています。もちろん、体を動かす支援の大切さも継続して重要度が高いです。

皆さんが培ってきた、素養を活かして働きたい方にもおすすめの仕事です。

3. 社会で今求められている職業です

全国的な待機児童の増加に伴い保育所(保育士・幼稚園の先生が働く場所)はどんどん増えています。ただ、待機児童数はほとんど横這いで、解決の兆しが見えません。こういった社会問題を解決できるのは保育士や幼稚園の先生を目指すみなさんです。保育士、幼稚園の先生は、今最も社会から求められている職業の1つといってもいいかもしれません。

4. 注目度がますます高まっています

ベネッセ教育総合研究所が2009年に行った第2回子ども生活実態基本調査報告書では、女子高校生に聞いた就きたい職業ランキングで、保育士・幼稚園の先生が1位を獲得しています。2004年の同調査でも2位を記録しており、人気の職業であることが伺えます。保育士、幼稚園教諭は共に、国家資格であり長いスパンで取り組める職業です。今まで見てきた様々な魅力や、職業としての安心感がこの人気の秘密かもしれません。

就職情報

pagetop