特例講座(保育士資格)

植草学園短期大学・千葉経済大学短期大学部・千葉明徳短期大学
平成29年度「保育士資格取得のための特例講座」について
(幼稚園教諭免許をお持ちの皆様向け)<終了>

※平成29年度の本講座は8月29日に終了いたしました(詳細は以下ご参照ください)。

平成30年度の講座開講につきましては、平成30年3月頃にこちらのページよりご案内させていただく予定です。


植草学園短期大学・千葉経済大学短期大学部・千葉明徳短期大学では、千葉市との連携事業の一環として、

「幼稚園教諭免許状」をお持ちで「保育士資格」を併有されていらっしゃらない皆様を対象に、

「保育士資格」を取得するための特例制度対象講座を協同開講いたします。

 

幼稚園教諭免許状を有し、3年かつ4,320時間以上の実務経験を満たす皆様については、「幼稚園教諭免許状をお持ちの方の保育士資格取得特例」(特例制度)の適用により、保育士資格を取得するために必要な単位数が軽減されます。(本特例制度対象講座において8単位を修得した場合、保育士試験の筆記試験全教科が免除となります。)

(1)開講科目・開講日時・受講料について

(2)講座会場・交通アクセスについて

(3)受講の対象となる資格について

(4)お申し込み手続きについて

(5)講座終了後の手続きについて

(6)お問い合わせ:千葉明徳短期大学 特例講座係(こども臨床研究所内)
          メール:tokurei@chibameitoku.ac.jp
          お電話:043-263-9111 (平日9:00~17:00)

(1)開講科目・開講日時・受講料について

開講科目

植草学園短期大学、千葉経済大学短期大学部、千葉明徳短期大学の教員が以下4科目を分担して開講します。(各科目名「保Ⅰ」「保Ⅱ」・・・をクリックすると講義概要が表示されます。)

 科目名単位数担当講師
保Ⅰ福祉と養護(講義)柏木恭典  (千葉経済大学短期大学部こども学科准教授)
夏期集中開講:日程は以下の通り

8月 1日 (火) 9:20~16:40       8月 2日(水) 9:20~16:40

8月 3日 (木) 9:20~16:40         8月 4日(金) 9:20~15:00
保Ⅱ相談支援(講義)小川晶  (植草学園大学准教授)
夏期集中開講:日程は以下の通り

8月 7日 (月) 9:00~17:50       8月 8日(火) 9:00~17:50

8月9日 (水) 9:00~17:50
保Ⅲ保健と食と栄養(講義)

有馬祐子  (千葉明徳短期大学保育創造学科非常勤講師)

島本和恵  (千葉明徳短期大学保育創造学科非常勤講師)
夏期集中開講:

8月18日 (金) 9:20~16:40(島本・有馬) 8月21日(月) 9:20~16:40(島本・有馬)

8月22日 (火) 9:20~16:40(有馬)     8月23日(水) 9:20~15:00(島本)
保Ⅳ乳児保育(演習)

小倉定枝        (千葉経済大学短期大学部こども学科准教授)

波多野名奈        (千葉経済大学短期大学部こども学科講師)
夏期集中開講:

8月24日 (木) 9:20~16:40(波多野) 8月25日(金) 9:20~16:40(波多野)

8月28日 (月) 9:20~16:40(小倉)  8月29日(火) 9:20~15:00(小倉)

募集定員

各科目 40名程度

受講料

1科目あたり 20,000円。

全科目8単位受講の場合は、80,000円となります。

(受講料の他にテキスト代・教材費等がかかります。)

(注)指定保育士養成施設で既に履修済み科目がある場合は、その修得単位により、保育士試験の筆記試験の科目が免除される場合があります。受講にあたっては、単位を取得された指定保育士養成施設に、保育士資格取得のために受講が必要となる特例科目についてご確認ください。

(2)講座会場・交通アクセスについて

講座会場

千葉明徳短期大学 2号館 221教室(予定)

交通アクセス

駐車スペースが限られているため、受講生は、公共交通機関をご利用ください。

千葉明徳短期大学への交通アクセスは、こちらでご確認ください。

(3)受講資格について

受講資格

①幼稚園教諭免許を有していること
②幼稚園教諭等としての実務経験が3年かつ4,320時間以上であること《注》
(申請時までに実務経験を満たすことができる場合も含みます。合算可。)

《注》
対象となる学校・施設は以下の通りです。実務経験は複数施設における合算でも可能です。なお、申請手続き時に設置者発行の実務証明等が必要になります(本講座受講時には必要ありません)。その他詳細につきましては、厚生労働省ホームページ「幼稚園教諭免許を有する者における保育士資格取得特例」、一般社団法人 全国保育士養成協議会ホームページ「特例制度について(幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例)」でご確認ください。

①「幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)」
②「認定こども園」
③「保育所」
④「小規模保育事業を実施する施設」
⑤「事業所内保育事業を実施する施設(定員6人以上)」
⑥「公立の認可外保育施設」
⑦「へき地保育所」
⑧「幼稚園併設型認可外保育施設」
⑨「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設(「当該施設を利用する児童の半数以上が一時預かり(入所児童の保護者と日単位又は時間単位で不定期に契約し、保育サービスを提供するもの)による施設」、「当該施設を利用する児童の半数以上が22時から翌日7時までの全部又は一部の利用による施設」「利用定員が5人以下の施設」は除く)」

※特例制度による保育士試験受験手続に際しては、設置者発行の「実務証明書」等が必要になります。勤務された学校・施設の設置者に早期にご確認されることをお勧めします。なお、本講座受講に際しては、「幼稚園教諭免許」あるいは「各都道府県教育委員会が発行する免許状授与証明書」の写しは必要となりますが、「実務証明」等に関しては必要ではありません。

(4)お申し込み手続きについて

申し込み期間

平成29年6月15日(木)8:00~7月14日(金)17:00
次の申し込み方法で先着順に受付します。
(定員に達した場合、申し込み期間終了前に受付を終了する場合があります。)

申し込み方法

1.meitanform@gmail.com及びtokurei@chibameitoku.ac.jpからの送信メールを受信できる状態にしてください。

2.申し込みフォームより受講を申し込む。

申し込みフォームへ
こちらからの受講申し込みを締め切りました。あしからずご了承ください。


→申し込みが完了すると、meitanform@gmail.comから申し込み完了メールが自動送信されます。
(申し込み内容の確認です。受講の可否はあらためてご連絡します。)
→1週間以内にtokurei@chibameitoku.ac.jpから受講可否の通知メールを順次送信します。
(可否に関わらず、必ず送信しますので、届かない場合は、特例講座係までご確認ください。)
★受信拒否設定をされている場合は、あらかじめ上記メールアドレスからの発信メールを受信できるように設定しておいてください。

3.受講いただける場合、受講可否の通知メールで、その後の手続きについてご案内します。案内に従って、
受講料お振込みの上、
 ①受講登録票(必要事項ご記載済)
 ②顔写真(縦36~40mm、横24~30mm)1枚
 ③「振込受付書」あるいはATM「利用明細書」の写し
 ④「幼稚園教諭免許状」あるいは「免許授与証明書」の写し
 等必要書類をご提出いただきます。

4.ご提出いただいた書類の内容を確認し、tokurei@chibameitoku.ac.jpから順次手続き完了メールを送信します。

5.講座初日に、手続き完了メールを印刷してご持参の上(携帯等の画面提示も可)、受付で受講証を引き取ってください。

お問い合わせ先:千葉明徳短期大学 特例講座係(こども臨床研究所内)
         メール:tokurei@chibameitoku.ac.jp
         電話:043-263-9111(平日:9時~17時)

★申し込みフォーム(ネット)からのお申し込みがご利用になれない場合は、以下のどちらかの方法により、お申し込みください。

①氏名・フリガナ・ご連絡先電話番号・FAX番号・メールアドレスをご記入の上、メール・FAXでお申し込みください。(メール:tokurei@chibameitoku.ac.jp、FAX:043-263-9111)
 お申し込み確認後、確認のご連絡を差し上げます。電話連絡をご希望の場合、ご都合のいいお時間をご記入ください。
②平日の9時~17時に、お電話でお申し込みください。(TEL:043-263-9111)
 不在の場合は、留守番電話に切り替わりますので、メッセージ(氏名・ご連絡先・ご用件等)を録音いただければ、後日、ご連絡を差し上げます。

<個人情報の取り扱いについて>
(1)申し込みフォーム・登録票等に記載された受講者氏名、住所その他の個人情報は、特例講座に関する業務を行うために利用するものとし、その他の目的には利用しません。本学園の個人情報保護基本方針に基づき適正な保護に努めます。
本学の個人情報保護基本方針につきましては下記HPをご覧ください。
プライバシーポリシー

(2)本特例講座の記録のため、写真・ビデオ等の撮影を行い、広報や受講者の復習など(Web含む)のために利用することがありますので、予めご了承ください。

(5)講座終了後の手続きについて

本講座受講終了後、保育士資格を取得し、保育士として業務に就くためには、<保育士試験受験申請><保育士登録申請>の手続きが必要となりますので、ご留意ください。

①専修証明書の発行(千葉明徳短期大学)

特例講座受講終了後、「幼稚園教諭免許所有者保育士試験免除科目専修証明書(特例教科目)」を発行します。(9月下旬までに発行します)

②保育士資格取得の手続き(保育士試験事務センター)

保育士資格を取得するためには、保育士試験の受験申請が必要となります。

保育士試験事務センターに保育士試験受験の手引きをご請求いただき、 「幼稚園教諭免許所有者保育士試験免除科目専修証明書(特例教科目)」及び設置者発行の「実務証明書」等必要書類を添えて、受験申請をしてください。

(詳細手続きは、保育士養成協議会保育士試験事務センターにお問い合わせください。)
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/

本年度は、幼稚園教諭免許状を有する方で、保育士資格取得特例等により筆記試験全科目免除の方の受験申請が、平成29年10月下旬に追加されることになりました。合格通知書発送は、平成30年1月中旬の予定です。

特例制度による受験申請は、平成32年の受験申請期間(現在未定)までに申請しなけばなりません。幼稚園等特例制度対象施設における「実務経験」、指定保育士養成施設における「学び」は、平成31年度(平成32年3月)までに条件を満たす必要があります。

③保育士登録の申請手続き(保育士登録事務処理センター)

保育士養成協議会保育士試験事務センターより「保育士試験合格通知書」受領後、「保育士」として働くためには、その業務に就く前に、保育士登録事務処理センターにて保育士登録申請(新規登録)を行い、保育士証の交付を受けてください。

(詳細手続きは、保育士登録事務処理センターにお問い合わせください。)
※ http://www.hoikushi.jp/index.html

保育現場の方へ

pagetop