短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

職員室ブログ詳細

2学期終業式

2021.12.23

2学期終業式b.jpg
 12月23日,2学期終業式を迎えました。今学期も本校の生徒たちは学業に行事に部活動に様々な場面で活躍してくれました。生徒の皆さんが充実した冬休みを過ごせますように。3学期始業式,元気な顔で会いましょう。Happy Holidays!!

〔校長講話〕
 皆さんおはようございます。今日で2学期が終了します。2021年は,皆さん1人ひとりにとってどんな1年だったでしょうか。
 コロナ禍の状況は残念ながらまだまだ完全な収束の方向は見えてきません。この間の感染状況を振り返ってみると,8月20日前後には第5波のピークを迎え,国内の感染者数はなんと25,000人を越える日が続きました。そんな状況の中で,国内では一気にワクチン接種が進んだことで日本国内の感染者数は激減し現在に至っています。しかし,ここに来て日本国内においてもオミクロン株の感染拡大への驚異が日毎に高まってきており予断を許せない状況が続いています。生徒の皆さんには,この冬休みも含めて大切な自分のために,大切な家族のために,そして大切な友だちのために,日々の健康観察をきちんと行なうこと,また責任ある行動を取っていくことを改めてお願いします。
 さて,この1年の大きな出来事では,なんと言っても8月から9月に行われたオリンピック・パラリンピックです。今回のオリンピックでの日本選手の大活躍の様子は,2学期の始業式で皆さんと振り返りました。8月24日からは,オリンピックに続きパラリンピックが開会されました。本校卒業生である水泳の荻原 虎太郎選手の活躍も光りました。そして,このパラリンピックを通してパラアスリートの皆さんは、試合後のインタビューで多くの感動的なコメントを残してくれました。その背景には,どの選手もこの舞台に立つまでに様々な葛藤があり,言い尽くせないほどの悔しさや,たくさんの努力があったことは言うまでもありません。そして,選手の皆さんのインタビューで共通して語られていたことがありました。それは,周囲の人々への感謝と社会への感謝の言葉でした。正直なところ私自身も今回の日本開催という身近なことでなければ,パラリンピックの素晴らしさや奥深さをここまで知ることは出来ませんでした。
 2030年という未来に向けた持続可能な開発目標SDGsの17のテーマの根底には,多様性を認め合う社会の実現という大きな目標があります。今回のパラリンピックを通して私自身も様々な点で新たな気づきと自分の生き方を見つめ直すキッカケにもなりました。年末年始には,今回のオリンピック・パラリンピックの特集番組も組まれています。是非,皆さんもそんな視点で今回のオリンピック・パラリンピックを見直してみて欲しいと思っています。
 さて,今年度,千葉明徳中学校が開校して,この4月から11年目の歩みを進めてきています。今年度もコロナ禍の中で様々な行事を中止したり,規模を縮小したりしました。そんな制限の多い中にあっても生徒の皆さんは,日々の学校生活に果敢に挑戦してきてくれていたと感じています。2学期最初の1ヶ月間は,オンライン授業でのスタートとなりました。その期間中,1・2年の『土と生命の学習』では登校日を設けて,2年生は夏野菜の最後の収穫と後片付け,そして稲を乾燥させるための『小田作り』を行いました。翌週1年生は,稲を刈り小田掛けをして稲刈りを終えました。1・2年生の見事な連携プレーでした。また,3年生は9月18日にオンラインで課題研究論文の中間報告会を行いました。ICT機器を駆使した本校ならではの企画だったと思いました。3年生の皆さんは,中間報告会で後半への課題を見出し,今その課題解決に向けて頑張ってくれていることと思います。
 そして,11月11・12日には規模を縮小した明実祭が行われました。11日の午前中は,準備の経過も含めて皆で楽しむというなかなか『したたかな企画』だと感じました。それでも,コロナ禍の中ではこうしたやり方も『大いにあり』だと思いました。そして,午後は『土と生命の学習』の代表者発表会,体育館には『皆で学び合い,高め合うプレゼンテーション空間』が広がりました。翌12日は,午前中だけの体育祭,それぞれが自己の持てる最高のパフォーマンスを見せてくれました。私は最後の講評で「この2日間,成功ではありませんでした。大成功でした!」と思わず言ってしまいました。
 こうして,今振り返ってみると制限の多いここまでの学校生活でしたが,その中で皆さんが最大限頑張ってきてくれたことをたいへん嬉しく思っています。
 2021年も残すところ数日となりました。コロナ禍の不安な日々は,もう少し続いていきます。しかし,ずっと言い続けていますが,出口は必ずあります。このコロナ禍が収束して,前向きな学校生活が1日も早く実現することを信じ,皆さんと共に頑張っていきましょう。
 それでは,来るべき2022年,皆さんにとっても,千葉明徳にとっても最高の年になることを願い,私からのお話とします。皆さん,良いお年をお迎えください。

千葉明徳中学校・高等学校
校長  園 部  茂