短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

職員室ブログ詳細

2019年度オープンスクール

2019.05.14

IMG_4217.jpg
5月14日(火)に、中学受験を検討中の保護者様を対象にオープンスクールを実施しました。
今回のイベントは、校内を自由に見学していただき、本校の教育内容や「普段の明徳」の雰囲気を感じていただくイベントでした。
 
ここで公開した授業を一部紹介します。
①科目名②授業タイトル③授業内容
 
・その1
①ベルリッツ英会話(1・2年生)②
③ベルリッツ講師による英会話授業です。ベルリッツの教師は、All Englishで生徒のレベルに応じた質問を繰り返し、自然なOutputを引き出します。フルセンテンスや正確な表現への修正など、正しく会話ができる力を身につけさせます。授業の中で、生徒同士が関わり合うアクティビティを豊富に取り入れることで、学び合いに富んだ授業を進行しています。
 
・その2
①理科(3年生)②『道具を使ったときの仕事』
③本校の理科では「本物」を体感し、科学的なものの見方・考え方を育てたいと思っています。本時間は物理分野の「仕事」に関して学習します。道具を使うことが仕事とどのように関わるのかを、実験や問題演習を通じて理解します。
実験の予想や結果、問題演習については、iPadを利用します。
目に見えない「仕事」というものを数量化し、実感する授業です。
 
・その3
①数学(1年生)②『文字式の扱い方』
③数あてゲームなどを活用して、文字を用いて数量を表すことのよさと、文字式を使うときのルールを学びます。 これから学んでいく数学の土台となる文字の積・商の処理の仕方、またその逆の処理の仕方を習得します。

 
・その4
①国語(3年生)②『評論の読解』
③教科書に掲載されている『「新しい博物学」の時代』を読みます。記述問題にグループで取り組むことで効果的に記述力を身につけることができます。さらに、教科書未収録で同筆者の『「新しい博物学」を』も合わせて読むことで筆者の主張について深く理解することができます。いずれの教材も段落のはたらきを意識することで課題研究論文へといきる取り組みになります。

千葉明徳中学校では、教科の特性をいかし、教科を横断、ICT機器を使いこなした深みと広がりのある授業を展開しています。
 
最後には千葉明徳中学校の「給食」を試食して解散となりました。
※本日はハンバーグとオムレツでした!