短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

職員室ブログ詳細

2学期始業式

2020.08.24

2学期始業式.jpg

校長の2学期始業式での講話です。今回も新型コロナ対策と暑さ対策として、始業式は各教室への放送で行いました。


2020年度8月24日  第2学期高等学校始業式 校長講話

 本日から2学期が始まります。今日の始業式も、皆さんの健康への安心・安全面を優先させ、放送で実施することにしました。
  さて、この夏の間も、新型コロナウイルスの感染拡大は続き、多くの制限がある中での夏休みとなりました。夏休みに入る直前に梅雨が空け、夏休み期間中は、連日猛暑が続きました。そんな中での、短い夏休みでしたが皆さんにとって、どんな夏休みだったのでしょうか。
  そんな中で、まずは、私自身が体験したこの夏の出来事について一つお話しします。今年の夏、夏の風物詩でもある甲子園での高校野球選手権大会が中止になりました。それを受けて、各都道府県では、独自大会がもたれました。私は、現在、千葉県高等学校野球連盟の副会長という立場にあり、8月2日から18日まで行われた千葉県独自大会の運営に関わりました。その中で、本校 硬式野球部の皆さんは、千葉市内のトーナメントを見事に勝ち抜き地区優勝に輝きました。決勝トーナメントでは、この独自大会の優勝校、木更津総合高校に3-0で敗れてしまいました。しかし、野球部の皆さんの頑張りは、1学期の終業式でお話ししたとおり、学校全体を勇気づけ、そしてその頑張りは後輩の皆さんへと繋がったことを確信しています。野球部の皆さん、ほんとうに良く頑張りました。
  さて、そんな中にあって新型コロナウイルスは、依然として感染拡大を続けています。今後もマスクをして、ソーシャルディスタンスを気にしながらの生活スタイルがスタンダードな形に定着してきており、先の見えない不安な状況が続いています。次に、こんな中だからこそ、皆さんに考えてほしいことをお話します。
  私は、2年前の3学期の始業式に生徒の皆さんにこんな話しをしました。2050年の日本の社会をAIが予測したシナリオは、大別すると二通り、一つは、人も経済も大都市に集中する都市集中型社会、もう一つが、地方分散型の社会でという話しです。都市集中型社会が進行してしまえば、2050年には、地方の過疎化が急激に進行し、農林水産業は衰退し、日本は、国土すら守っていけない大変な状況に陥るという予測でした。
  一方、地方分散型社会の方向に進めば、出生率も上がり、貧富の格差が改善され、人々の幸福感も高い社会への道が広がっていくという予測でした。
  しかし、この間、現実は、都市部への人口集中は加速し続けてきました。今年に入って、東京の人口は、ついに1400万人を越えたというニュースが報じられていました。ところが、その直後に、今回の新型コロナウイルスの感染拡大という事態が起こりました。在宅勤務・テレワークという言葉が、巷にあふれ、わざわざ満員電車に乗って1カ所に集まり仕事をするというこれまでの常識を転換する会社が数多く出てきました。また、別の新聞報道では、ここ数ヶ月間で大都市圏から地方への移住者が増えているとのこと、たとえば栃木県のある地域では、地価がこの数ヶ月間で3倍にも急上昇、理由は、東京にいなくてもWi-Fi環境さえあれば仕事をするにも困らないし、コロナへの感染リスクも避けられるとのことでした。コロナ禍の事態は、人口の一極集中という問題にも影響を及ぼす可能性が出てきています。もしかしたら、このコロナ禍の状況は、我々人間社会に対して、『もう一度、身のまわりを根本から見直しなさい!』という警告を与えられているように思えてなりません。
  数年後、今回の新型コロナウイルス感染拡大の問題は、一時代の大きな出来事として歴史に刻まれていくはずです。そして、今後、この影響は、日本のみならず世界の常識をも大きく変化させていくこともになることでしょう。
  そして、先ほどのAIの予測ですが、もう一つ大切なことを付け加えていました。理想的な社会とは、『都市』と『地方』が分断してしまうのではなく、『都市』と『地方』がお互いの良いところを与え合う関係を創っていくこと、そんなあり方が2050年以降も持続していける日本社会の姿だと計算しています。
  2050年、まさに皆さんは、社会の中心で活躍しています。皆さんには、このコロナ禍の変化の様をしっかりと見つめ、自分の生き方・働き方を考える絶好のチャンスしていって欲しいと心から願っています。
  さらに、私の期待を申し上げると、本校で学んだ成果を活かし、皆さんの中の何人かが、過疎化が進んでいる地方で積極的に活躍してくれたり、農業・林業・水産業など日本の国土や食糧を維持し、守っていくための仕事に従事してくれるようになってくれたら大変嬉しく思っています。期待しています。
  それでは、明日から例年より早い2学期の授業がスタートします。9月30日からは、三日間の日程で中高合同の文化祭、体育祭も予定されています。限られた中ではありますが、大いに楽しみましょう。
 そして、2学期は三年生の皆さんにとっては、進路を決する大切な時期です。全力で頑張ってください。絶対に道は開けます。
  それでは、この2学期が、それぞれの皆さんにとって、大きく成長する時間になることを心から願い、始業式に当たっての話しとします。     以上です。