短⼤・⾼校・中学・幼稚園・保育園を運営する、千葉明徳学園

  1. 受験生の方
  2. 在校生・保護者の方
  3. 卒業生の方

ICT活用教育

学校生活のあらゆる場面でiPadを活用

2017年度入学生より、全ての生徒が一人1台のiPadを所持しています。授業での意見の共有や、朝学習、家庭学習において活用しています。また、部活動や、文化祭など、学校生活の様々な場面で利用が進んでいます。

全校で一人1台のiPadを導入

千葉明徳高校では、2017年度入学生からiPadを導入し、2019年度より全校生徒がiPadを手に学校生活を送っています。その総数は1400台を超えています。ICTを教育に活用する事でどのような効果が得られるのか、千葉明徳の先生は多くの実践を積み重ねています。

Googleが提供するクラウドサービス

入学後、生徒全員にGoogleアカウントが割り当てられます。日常の連絡から課題のやりとりまで行えるClassroomに始まり、アンケートを作成し自動集計ができるForms、他の生徒や先生と資料を同時に編集できるドキュメントやスプレッドシートなど、多彩なサービス「Google Workspace for Education」を利用することができます。

AI学習ソフト「Qubena」

数学の学習向けに導入している、自学自習を進められるアプリです。一人ひとりの間違いの仕方をAIが分析・学習し個人に最適化した問題が出題されます。新しい単元でのつまずきも、実は以前学習した単元が原因だった、などということもQubenaの分析によって気づくことができるのです。