学長からのメッセージ

ごあいさつ

保育について考え、学び合う、
皆さんの学びを支援していきます。

千葉明徳短期大学は保育創造学科だけの単科大学として、開学から45年間、保育にこだわり続けています。そのこだわりが、「保育創造」という学科名に込められています。

皆さんが将来、幼稚園教諭、あるいは保育士として向き合うこども一人ひとりの育ちに必要な支援を考える時、その内容は皆さん一人ひとりが創り出していくことになります。なぜなら、こどもは一人ひとり違い、そのこどもに向き合う皆さんもまた一人ひとり違うからです。そのため、私たちは、まずは一人ひとりが自分なりの考えを見つけること、さらには仲間と共に考えることを大切にしています。そこでの学びは、あらかじめ決まった内容を覚えていくことにとどまらない創造的なものなのです。

私たちはこのように考えながら、皆さんと一緒に保育について考えていくこと、学び合うことを心がけ、皆さんの学びを支援していきます。また、皆さんの学びは、卒業してからも続いていくでしょう。現場に出たのちに悩んだら、学び直したかったら、明徳に戻ってきてください。私たちは、皆さんを卒業後も支援し続けます。

明徳の仲間に皆さんが加わることを楽しみにお待ちしています。

千葉明徳短期大学 学長 金子 重紀千葉明徳短期大学 学長 金子 重紀

プロフィールプロフィール

1984年東京大学経済学部卒業、1996年弁護士登録、以来19年間弁護士として刑事事件・少年事件を多く手掛ける。千葉明徳短期大学保育創造学科非常勤講師を経て2015年4月学長就任。

主な活動主な活動

2004年6月~2014年5月
千葉県弁護士会こどもの権利委員会委員長
2006年4月~現在
千葉県児童虐待対応法律アドバイザー
2003年4月~現在
千葉県児童福祉施設協議会施設生活等評価委員
2008年10月~現在
NPO法人虐待からこどもを守るネットワークちば 理事
2012年4月~現在 協同組合 千葉県若人自立支援機構 理事
2014年1月~現在 NPO法人こどもセンター帆希 理事

大学案内

pagetop