基本理念・教育理念

建学の精神

千葉明徳短期大学は、昭和45年(1970年)に幼児教育者の養成を目的として、学校法人千葉明徳学園によって開設された(開学時は、幼稚園教諭免許のみ取得可能であったが、昭和47年度からは保育士資格も取得可能となった。)。これに先立ち、学園としては大正14年に千葉淑徳高等女学校(昭和22年に新制の千葉明徳高等学校となり、現在に至る)を、また、昭和42年に千葉明徳学園幼稚園(現千葉明徳短期大学附属幼稚園)を開設している。そして、平成15年には付帯事業として、明徳本八幡駅保育園を開設している。

現在、学校法人及びその開設するすべての学校、施設の名称に「明徳」が冠されているが、最初に「明徳」の名称が用いられたのは、千葉淑徳高等女学校が新制の千葉明徳高等学校に移行したときであり、その後、昭和26年の財団法人から学校法人への移行に際し、法人の名称も「千葉明徳学園」とされた。現在、学園全体の教育を貫く建学の精神というべきものは、この「明徳」の言葉に込められている。

この「明徳」という言葉は、中国の古典「大学」の「大学之道、在明明徳、在新民、在止於至善」(大学の道は、明徳を明らかにするにあり、民を新たにするにあり、至善にとどまるにあり。)に由来する。大意は、「大学」つまり、社会の指導的立場にある者が修めるべき、実利のための学問ではない、世のため、人のための学問の道とは、「明徳」すなわち、人間が生まれながらに持っているはずの優れた性質つまり人間性を引き出して輝かせ、それによって周囲の人々をも感化し、その最高に徳性を輝かせた状態から離れないことにある、というものである。

この「明徳」に込められた本学の建学の理念とは、実利の学としての小学に止まらず、自らの徳性を輝かせるべく大学の道を求め、社会に貢献していく有為の人材を育成することにある。また、「大学」においては、「明徳」を明らかにするには、究極的には、「先致其知」(先ずその知を致す)、つまり社会の物事をすべて誤りなく把握することができるように自らの知性を極めることが必要であるとされている。磨き上げられた鏡のごとく、あらゆる物事を誤りなく捉えることのできる知性、それは同時に己の姿をも誤りなく写し、その心と行いを正しく保つことを可能にする。自らの人間性、徳性を輝かせるために、自らを厳しく律し、その知性を曇りなく磨き上げていくことも当然に、本学の精神の内容をなすものなのである。

さて、この建学の精神を示す「明徳」の名称は、昭和22年に千葉明徳高等学校の校名に最初に使われた旨を述べたが、千葉淑徳高等女学校以来、本学園の開設するすべての学校の校章には、八咫鏡が用いられている。それは、磨き上げられた知性の象徴であり、曇りなき目で自らの内実を見つめ、人格の練磨を図るべきことを表している。その意味では、「明徳」をもって示される精神は、千葉淑徳高等女学校時代から一貫して本学園に流れているとも言えるのである。

千葉明徳短期大学の3つの特色

体験から学ぶ

1年次4月から始まる「教育実習(幼稚園Ⅰ)」に象徴されるように、本学では「体験から学ぶ」という学習方法を大切にしています。具体的には、見学、実習、ボランティアなど、様々な形で保育現場に入り、保育を創る力を実践的に育てていきます。この「体験から学ぶ」学習では、単に体験を重ねるだけでなく、体験から得た気づきや考察をレポートにまとめたり、ともに学ぶ仲間と検討する“振り返り”がとても大切になります。

教室の枠を超える

こどもは現実の社会環境、自然環境の中で育ちます。こども一人ひとりに応じた保育を創造していくには、保育の専門知識・技能だけでなく、人や社会、自然などとの多様なかかわりの体験から培われた、豊かな素養と人格を身に付けることが必要になります。本学では、2年次に様々なコースで実施する「わくわく体験研修」(海外のコースも含む)や「現代社会論」でのフィールドワークを始め、教室を飛び出して社会や自然の中で学ぶ多くの機会を設けています。

自ら学びを創る

こどもたちが一人ひとり異なる“育ち”をするように、保育者を目指す皆さんが学び、育つ過程も一様ではありません。それぞれ性格も、行動傾向も、資質も異なる皆さんは、目指す保育者像も、そこに至る学びの道筋、乗り越えるべき課題なども異なるものになります。入学後は担当教員のサポートのもと、目標や課題を見直しながら、自らの保育者への学びを創っていきます。

教育目的

「明徳を天下に明らかにせんとする者は、先ず其の知を致せ」に基づき、本学は、学芸を教授し、自己の涵養を促し、社会に貢献する英明を育て、乳幼児並びに児童の教育・保育に資する人材を養成することを目的とする。

育てる保育者像

1. 保育の営みの中で、〈いのち〉〈かかわり〉〈くらし〉をみつめる
2. 身体(からだ)を通して保育の実践にふれ、知を助けとして、自らの在り様を問い続ける
3. 子どもに内在する能動性を尊重し、その育ちから学び、その育ちを促す
4. 保育の営みの創造を支える基盤となる知識・技能を獲得する

教育課程編成のための考え方

保育を学ぶ者は、専門的な知識の習得に努めることはもちろん、その一方で身体を通してこどもとのかかわりのあり様を捉える体験を重ねることも不可欠です。このことから、本学では「体験から学ぶ」ことを教育課程の基本的な考え方の一つとしていますが、その学びは唯一無二の個の交わりというかかわりの性格から、必然的に自らのあり様を問う学びとなります。以上のことを踏まえた本学の教育課程は、学生が単なる知識の蓄積を図るだけでなく、〈明徳の育てる保育者像〉に向かって自己変容を果たしていくことを目指して以下のように構成されています。

1.〈いのち〉〈かかわり〉〈くらし〉をみつめるための「体験から学ぶ」姿勢と方法を身につける
2.身体を通して保育に触れ、そこからこどもを理解することを学ぶ
3.保育の学びを通して自らのあり様を問う
4.保育の環境としての現代社会のあり様についての理解を深める
5.育ちを促すための基礎的な知識・技能を確実に身につける

アドミッションポリシー

本学の保育に対する理念や独自の学習方法を踏まえて、本学では求められる入学者像を次のように整理しています。それらは、本学で保育を学ぶための基本的な志向性や姿勢を述べていますが、将来、人の育ちを支えていく人として、人に対して「あたたかなまなざし」を持てる人であることが、すべての前提であることは忘れてはなりません。

1.「人がすき」と素直に思える人
2.自分の気づきを大切にし、そこから学び始められる人
3.自分と違う見方や考え方を面白いと思える人

大学案内

pagetop