こども臨床研究所について

ご挨拶

 卒業生の皆さん、いかがお過ごしですか。明徳での2年間の学びの成果を十分に発揮されていることと思います。
 一方で、保育は完全といったものがないことも皆さんはそれぞれの現場でお感じになっているのではないでしょうか。現場に立つ中で、新たな課題にぶつかったり様々な問題に直面したりすることもたくさんあるのではないかと思います。時には、もう一度、短大に戻って学びたいと思うこともあるでしょう。
 そんな卒業生の皆さんと、そして保育の現場と、共につながりながら、保育の仲間として共に学び合いながら成長していける場を作りたいと考えています。
 厳しい仕事の中でホッと一息つきたい時、もう少し学んでみようとする時、少し自分の気持ちをリセットしてみたい時、問題を一人で抱え込んでしまっている時・・・、短大に立ち寄ることのできる場として「こども臨床研究所」があります。
 卒業生の皆さん、是非、短大とつながり、集い、語り合いましょう。

金子 重紀

2017年度のプログラム

(1)「保育・福祉の実践者」とともに取り組むプログラム

★公開講座めいトーク(7月1日)実施
★保育実践研究会(千葉県民間保育振興会主催)実施協力
★あそぼーカー(あそびのキャラバン・プログラム)(予約制)実施
★免許更新講習(8月18日~23日)実施
★保育実践者のための研修サバティカル(三短期大学連携事業)(8月28日~31日)実施
★特例講座(三短期大学連携事業)(8月1日~28日)実施
★千葉市子育て支援員研修(三短期大学連携事業)受託

(2)卒業生センターのプログラム(卒業生対象)

★保育実践研修会(年4回程度)実施
★ホームカミングデー(46回生対象:8月6日)実施
★卒業生キャリア支援プログラム(現在企画中)

卒業生センターの活動について

こども臨床研究所「卒業生センター」は、在学時にともに学んだ先生や仲間との語り合いや学び合いの場として、また、仕事に関する相談や研修など、様々な形で利用していただきたいと思います。
卒業生からのご意見をいただきながら、力をお借りしながら、言い換えれば、もっと卒業生を巻き込みながら作り上げていきたいと考えております。

語り場・学び場としてのご利用

・卒業生同士、教職員と話したり、情報交換したり、保育を語り合ったり・・・
・子連れで遊んだり・・・

思い思いに過ごせる集いの場としてご利用ください。

仕事にかかわる相談

・内容に応じてすべての教職員が対応します。

キャリアを考えてみる場をコーディネートします。

研修にかかわる相談

・保育を語らう集い
・テーマ別研修会
・卒業生への研修依頼など

様々な学びの場をコーディネートします。

まずは、教職員との連絡窓口やご利用相談窓口として、お気軽にご連絡ください。

スタッフ

小島 美由紀

開室時間

月・火・水・木・金 9:00~17:00

※学事日程等により開室しないこともあります。
※こども臨床研究所は2号館(幼稚園の隣)の2階にあります。

千葉明徳短期大学 こども臨床研究所
TEL/FAX  043-263-9111
〒260-8685 千葉市中央区南生実町1412

卒業生の方へ

pagetop